本文へ移動

事故ガイド

万が一事故をおこしてしまったら

もし万が一事故を起こしてしまったとき、迅速で適切な対応をすることで、さらなる事故や後のトラブルを最小限に抑えることができます。いざというときに慌てず冷静な対処ができるよう、あらかじめ事故時の行動を確認しておきましょう。

ケガの確認、ケガ人の救護

自分側、相手側搭乗者を含めた負傷者の有無を確認しましょう。
また、歩行者を巻き込むケースもあるので、歩行者に負傷者がいないかも確認しましょう。

負傷者がいた場合

事故発生時に最優先すべきは負傷者の救護です。
事故関係者に負傷者がいたら直ちに安全な場所に移動し応急救護処置をすようにしましょう。
ただし、頭部からの出血がある場合は移動させてはいけません。
その場に応じた緊急処置が終わったら、「119番通報」 を行い救急車を呼びます。
なお、自分以外に通報を依頼できる人がいる場合は、その方に消防や警察への通報を頼みましょう。

事故車両の移動、二次災害の防止

事故の当事者は、事故の被害を最小限にくい止める義務があります。速やかに車を安全な場所へ移動しましょう。
車の移動が困難な場合、または重大な人身事故で現場の保存で移動させない方がよい場合(後続事故の危険がない場合)は、非常点滅表示灯(ハザードランプ )、発炎筒、非常停止版などを使用して後続車へ事故の発生を知らせましょう。
事故発生時の現場を携帯電話等のカメラで記録できる場合、記録することで警察などに事故発生時の状況を伝えやすくなります。

警察への届け出

人身事故の場合、警察に届け出ることは義務です。
届出を怠ると、道交法第72条に違反し、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金に課せられます。また、警察の発行する事故証明書がないと自賠責保険も任意保険も使用することができません。
物損事故であっても、様々なトラブルを回避する意味で、警察に事故現場の状況把握をしてもらうことは重要になります。
事故が起きた直後には、無傷だと思っていた相手が、その後、重大なケガを負っていたというケースも存在します。そうした場合に、示談でやり過ごしてしまうと、後で現場の事故状況を把握することは難しい問題になってしまいます。

中央ビジネスへの連絡

株式会社中央ビジネス お問い合わせは0120-697-533 受付時間9:00~18:00(月~金)
警察への連絡後は必ず中央ビジネスにご連絡ください。
事故発生日時、事故現場、事故発生の状況、負傷者の有無など、最低限の情報でかまいません。
また、トラブルの原因になりますので、現場での安易な示談はせず、必ず当社を通して行ってください。
相手の過度な要求に安易な答えを返してしまうことで、後々裁判にまで発展するケースもあります。
 

事故車両の引き上げと修理

必ず中央ビジネスへご連絡ください。
引き上げ納車料金無料など、優良の修理工場を紹介します。

被害者へのお見舞い・挨拶

事前に中央ビジネスへご連絡ください。
適切なアドバイスをします。

イメージ交通事故車両の引き上げと修理について

当社が紹介する修理工場のメリット

一般的に保険会社や代理店が修理工場を指定したり、
契約者の同意なしに手配することはできません。
要請があった場合に限り、中央ビジネスが優良修理工場を紹介します。


事故現場で困らないようあらかじめ同意書を
取り交わしておくと手続きがスムーズです。
 
 
このページは、概要を説明したものです。詳しい内容につきましては、株式会社中央ビジネスまたは
損保ジャパンまでお問い合わせください。

車検、保険料なども全てコミコミ

クルマ定額サービス、始めました

12時間から入れる自動車保険乗るピタ!のお申し込みはこちらです。

株式会社中央ビジネス
〒371-0006
群馬県前橋市石関町165
TEL.027-269-7533
FAX.027-269-7529

1.損害保険代理業
2.生命保険募集に関する業務
3.ファイナンシャルプランニング
 
 
SJNK16-80378(2017.1.25)
TOPへ戻る